30代におすすめの化粧品|若々しさが戻る

女性

老化を予防するには

化粧品

普段の生活と肌のお手入れ

どんな人でも年齢を重ねるごとに肌にハリがなくなります。特に30代になってから、肌のくすみ、毛穴の開きやたるみ、目元の小じわなどが気になってくる人が多いようです。30代の始めは、女性ホルモンの分泌のピークです。しかし、後半になるとゆるやかに減少していきます。不規則な生活やダイエットをしている女性ほど、早くに女性ホルモンが減少し、お肌の潤いが低下します。なるべく肌の老化に抵抗するために、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活をするのがおすすめです。普段の肌のお手入れも、肌の変化に合わせて変える必要があります。10代の肌と30代の肌は、全く違います。30代になったら、アンチエイジング用の基礎化粧品を使うのがおすすめです。アンチエイジング用基礎化粧品は、30代の肌に不足している栄養をバランスよく配合しています。乾燥を予防するために、しっとりとしたテクスチャになっている化粧品が多いのが特徴です。トロミのある、しっとりめの化粧品ほどじっくり肌に浸透して保湿効果が持続します。年齢を重ねるとヒアルロン酸などの肌の潤いを作る物質が少なくなり、乾燥しやすい肌質になります。乾燥がひどい人ほど、しっとり系のアンチエイジング用基礎化粧品で肌のお手入れをするのがおすすめです。そうすれば乾燥知らずの肌になり、シワの予防に繋がります。化粧水よりも美容液を重視し、乾燥しやすい目元や口元を中心に重ね付けするのがおすすめです。